美容界の人間として他人から学ぶこと
2015.07.09 立花法生/小野寺淳

By 立花法生/小野寺淳

美容界の人間として他人から学ぶこと

教育企画室 東日本チームの立花です。
 
東日本となると西は静岡の浜松から北海道の北見・帯広・・・と広範囲に動いて活動しています。
 
今回、私の若き日に先輩だった美容界で尊敬する美容師の一人のオーナーが経営しているサロンとの仕事のシーンをご紹介させていただきながら北海道での動きと、学びを記させていただきます。
 
株式会社モルトベーネには札幌営業所がありオフィシャルでも2~3回セミナーを企画しています。
 
スタジオがまだ設立されていませんのでホテルのスペースを借りて行うことが多く、特にシャンプーを要するセミナーとなるとロケハン移動並みの荷物を事前に準備し現地へ飛び立つことが多々。
 
この事前準備がまたまた結構それなりに大変で・・・・(涙)
 
そして旅立ち・・・・
 
IMG_7398

今回のスピーカーは代官山と葉山にサロンを構える『tricca』代表毛利氏と、同じくカラーディレクターの小田氏に2週に渡り講談していただきました。

 

 

毛利氏には・・・

『稼ぐ』
 

ということをお題目に、『惹きつけるためのカウンセリング』を主に現場のモデルを当日逢わせて打ち合わせもほとんどしない状態でカウンセリングから仕上げまで。

万人のお客様に『愛され、信頼されるためには○○にならなくてはならないんですよ!』とレングスのポイントやモデルのクセや気にしているところを上手く惹きつけながらひも解く様子をリアルに表現していただき・・・

IMG_7154

IMG_9464

IMG_7153

 

翌週の小田氏には・・・

『大人女性のカラーリング』ということで白髪世代のお客様をいかにキレイに美しくするかのポイントを、これもまたリアルにカラーリングを講演当日のその場で表現していただきました。
これもモデルとの打ち合わせ無しで・・・。

(言葉が悪いですが・・・ガチンコで行わないと今の美容師さんには納得してもらえないんです)

 

『tricca』様は白髪に対しての着目が鋭く、マーケティングの見方も大変面白い視点角度で切り込んでいるので勉強になりましたねぇ。

【教えません!企業秘密です(笑)】

IMG_8805

IMG_0780

 

 

『美容師』の舞台は『美容室』

そこでどれだけプロとして演じられるか?

そこでどれだけプロとして演じられてプロとして愛されるか?

そこでどれだけプロとして演じられてプロとして愛されてプロとしてヘアースタイルを表現させていただくか?

これが美容師ですよね!?
 
語録にするとこのような語録になるが、お2人に講演していただいてこの言葉を『美容師に伝えるため美容で表現』していただいたような気がします。
 
大変勉強させていただきました・・・・・

と余韻に浸っていて終了ではなく・・・・

私も負けじと、メーカーとしてどんなことがサロン様にご提供できるのか?

そんなことを思いながら代理店様のスタジオで自らがセミナーをしたりもしています・・・。

IMG_0246

 

株式会社ビュティーエクスペリエンス 教育企画室 立花法生・・・・

色々な場所で、色々な美容師の方々、色々なサロンに携わる方々から

色々勉強させていただいてるなぁ・・・・と感じながらエリア活動をしております・・・・。

 
(立花 法生)