明日から出来る店販POP術
2016.04.05 立花法生/小野寺淳

By 立花法生/小野寺淳

明日から出来る店販POP術

西日本教育チーム小野寺です。

今回は前回に引き続き明日から出来る『店販術POP編』をご紹介します。

001

 

POPとは?

Point of purchase』 もう一人のスタッフとも言われています。商品を、スタッフに代わって情報を提供し、購買意欲を促進させることです。お客様の購買意欲を後押しするために、重要な役割をになうのがPOP!

お客様に買ってほしいイチオシの商品や、おすすめのメニューなど店頭POPによって商品の付加価値は高まります!「お客様の何これ!?なんか気になる!ちょっと使ってみたい!」を、POPを通じてアプローチすることができます。

でも、なんでもいいからとPOPを作れば売れる!というわけではありません。

商品をより魅力的に見せるお客様にアイキャッチしてもらい興味関心を引く「POP」を作ることが重要!

 

そこで!!今回は店販に役立つ、お客様の心をつかむ作り方のPOINTを紹介します!

お客様に対して「こんなお客様にはコレ!」といった案内をしたり、商品の情報+α「使ったらこうなる」を、紹介したりすることによってなんか気になる「これを買おう!」と思わせる購買意欲を掻き立てることが出来ます。

 

ここからPOP作りのPOINTをご紹介

 

1、店頭POPをつくる前にどの商品をおすすめするかを決める

どんな商品が、今サロンに来ているお客様に喜んでいただけるか?ということを、改めてスタッフ全員で考え決めていきましょう。

季節やイベントのおすすめ商品なのか?定番商品をおすすめするPOPなのか?いつも来てくれているお客様に「新しい商品を取り入れた」ということを伝えるためなのか?などによってお伝えしたい内容は変わってきます。また、ターゲットは誰なのか?女性なのか男性なのか、10代・20代・30代・・・向けなのか?商品を買ってほしいターゲットもここで定めておきましょう。

<834E838A8358837D83588EE88F9182AB837C836283768CB48D6593FC82E88F4

003

 

 

2、伝えたい事を整理してキャッチコピーを考える

商品の魅力を伝えたいがために、沢山の情報をPOPに詰めこんでしまうのはNGです。「いちばんアピールしたいことはコレ!」というポイントをひとつに絞り込み、ターゲットに伝わるようなPOPにしましょう。また、目を引くPOPを作るときは商品名や価格よりも伝えたい事が目立つように作成しましょう。

□商品の魅力を伝えたいとき

オーガニック売りの商品なら「95%がオーガニック成分!」など、具体的な数字を示したり、どんな香りや使用感なのかを表したりと、お客様が想像しやすいような文章にしてみましょう。

004

□ 商品の付加価値を伝えたいとき

「業界初!」「今話題の商品!」「雑誌でも紹介された!」など、商品にまつわる他の要素でのおすすめポイントがあるときは、付加価値をアピールしてみましょう。

 

 

3、写真やイラストを効果的に使用する

香りを一番に伝えたいPOPなら配合されている製油や花の写真、イラストをPOPに書くことで、お客様に香りをかいで見たい気持ちにさせることができます。

 

 

4、お客様の知らないことを教えてあげる

「これ知っていましたか?」と問いかけると興味を引きます。お客様の好奇心をくすぐります。POPでさりげなくアピールしてみましょう!「へー知らなかった!」とお客様に気づいてもらうことで、よりお店を魅力的に感じてもらうきっかけになります。

 

 

5、自分の言葉で、手書きで作ろう

メーカーのPOPや印刷会社に頼んでデザインやプリントアウトをしてもらったPOPは、見た目はきれいに仕上げることができますが、自分で使ったときの感想やお客様から頂いた言葉などを書いた手作りのPOPのほうが、お客様から共感を得ることができ好印象を持っていただけます。

005

 

 

■まとめ

POPづくり=売り場作り!POPはお客様の購買意欲を促すためのツールでもありますが、お客様により商品の魅力を伝え、興味関心を持っていただき、その商品をお客様が喜んで使っていただけるような取り組みです。サロンスタッフみんなで盛り上げていきましょう!

006

(小野寺 淳)