いよいよ3月24日発売!新感覚フォーム、ロレッタ ムゥシリーズ♡
2016.02.05 酒井麻里子/大林彩

By 酒井麻里子/大林彩

いよいよ3月24日発売!新感覚フォーム、ロレッタ ムゥシリーズ♡

1_12016年のロレッタのスタートは、新感覚のフォームシリーズ発売から♡
ロレッタ発売時より全国のサロン様から「ぜひロレッタでフォームを出して欲しい!」というご意見を頂戴していたのですが、なかなか開発に踏み切れていませんでした。
 
その理由は…
 
「正直、フォームってなんだか古いイメージないですか?」
 
振り返れば90年代はじめ頃でしょうか、ソバージュヘアが流行し、月9の大ヒットドラマで、女優さんはもちろん、俳優さんまでもがワンレングスのソバージュヘアだった記憶があります。そんな時流行ったのがいわゆる「ムース」。均一なウェーブのエッジをくっきりと出すセット力と、押すだけで泡状になって出る手軽さが受けて大ヒットとなりました。
 
以来、ワックスやオイルなど様々なブームがありましたが、「フォーム」というとどうしても「ソバージュ」を連想してしまい、プロジェクト会議でも度々議題にあがるものの、「ロレッタにもあれば便利なんだろうけど…」と全員イマイチ気がのらず、消極的な姿勢でした。
 
しかし昨年頃から、ファッションではノームコアやエフォートレスというキーワードが登場し、「抜け・こなれ感」「頑張りすぎない感」がヘアスタイルへも大きく影響するようになりました。
 
 
またその一方で編み込みなどのヘアアレンジを楽しむ傾向もみられ、「髪を美しくスタイリングする」よりは、「髪にオーラをまとわせる」「雰囲気を出すためにあえてくずしてこなれ感を出す」スタイリング剤が求められる傾向が強くなってきたと感じます。
そんな背景から、セット力はあるものの固まりすぎず、ベタつかない、初心者でもムラなくつけることができるフォームに注目する事になったのです。
 
フォームはワックスやジェルと違い、つけた感じも軽い仕上がりで、まさに今求められている「オーラをまとっているような仕上がり感」に近い。
 
そしてさらに現在のニーズに合わせて髪の質感や手触り、ダメージケアを進化させたフォームを処方開発し、出来上がったのが、フォームを超えた新感覚のロレッタ ムゥシリーズです。

 

まずは今までになかった「巻き髪用」フォーム。しっかり巻いた巻き髪を、仕上げにあえてくずすという発想をもとに、フォームでカールをキープしながら、ドライな質感で現在のトレンドである自然なこなれ感を出してくれます。
 
また、その質感でおくれ毛やうぶ毛を自然に整えて、アレンジにも大活躍する「パウダームゥ」。

 
パウダー2
ロレッタ バウダームゥ 180g ¥2,000(税抜)
 
その名の通り、パウダリーな質感を出すのに大変苦労しました。泡に水分が多いと、巻き髪につけた時にダレてしまうので、従来のものよりもたっぷりと泡に空気を含ませ、可能な限り水分量を抑えた処方にして、何度もテストを重ねた自信作です。
 
パッケージは、幸せな予感「ムゥ」をイメージしたおばけのようなかわいいキャップと、イラストレーターである森本ひであつさんのマシュマロをイメージした淡い色合い。置いておくだけで幸せな気分になりませんか♡

 
そしてもう1品、こちらはベタつかない手ぐしが通る軽い質感で、「思わず触りたくなるウェーブヘア」を作るため、しっかりとダメージケア機能をもたせたパーマ用フォーム。その名も「ツヤツヤムゥ」!
 
つやつや2
ロレッタ ツヤツヤムゥ 180g ¥2,000(税抜)
こちらは紫外線によるヘアカラーの退色を防止するαGルチン、さらに紫外線によるダメージをケアするミガキイチゴエキスを配合し、ヘアカラーの色味やウェーブを、くっきりと美しくに見せて、ふんわりと柔らかなウェーブヘアを作ることができます。
 
パッケージはゼリーのようなつやつや、プルプルとしたイメージをもとに、華やかで心踊る色使いにしていただきました。眺めるだけで元気をもらえそう。

この春はパステルカラーのニットなどに合わせ、ツヤツヤでリッジくっきりのやわらかウェーブヘアや、ゆったり流れる巻き髪、ラフなまとめ髪から落ちるセクシーなおくれ毛を作ってみてはいかがでしょうか♡

(大林 彩)